大手運送による引越し

引越しをするとき、大手運送による引越しサービスへ依頼することのほうが多い。 引越しという特定イベントのための運送が成り立っているということになる。 共通する荷物を運ぶというのが引越し業になったといえる。 引越しでも引越しセンターを思い浮かべるけれども、実際、引越しはA社でおなじみの引越しサービスや、 B社の引越しサービスは、簡単で使い勝手がよく、引越しでは運送の引越しにお世話になっている。

引越しセンターというと、それだけ多くの所有物があることが前提になり、 見積もりなどの煩雑さがあるような気がしている。 実際のところどうなのかわからないけれども、あれだけCMが流れ、またB社の安さを考えると、 運送の知名度があがり、引越し量は運送任せではないか。 個人的には、所有物が少ないため、運送で対応する側である。

引越しは運送という方程式が出来上がるのではないか。 現大手運送はどちらも対応できるため多くの利用者があるにちがいない。 そうなると今度は大手引越しセンターが運送に参入するというような サプライズが出てきてもおかしくはない。